院長のご挨拶

院長のご挨拶

院長のご挨拶

院長から

院長のご挨拶


茂原祥一(しげはらしょういち)と申します(69歳)。

18年前から不妊専門の鍼灸師となり、

12年前に、学会認定の不妊カウンセラーにもなりました。

開院以来のべ20,000名様をこえる妊娠をの望む方々に
「とてもリラックスできました」「癒されました」
そうして「先生、無事に出産しました!」などど、
嬉しいメールや声を多数いただいてきました。

これまで約500回(450名様から)ご報告をいただいてきました。
妊娠・出産のご報告は
鍼灸師冥利に尽きる喜びであり、皆様に感謝しております。

 

生活を変えれば赤ちゃんは来る

不妊の原因は生活習慣病にある。
これは、夢を叶えた多くの未妊さんが教えてくださったことでもあります。
「からだをうごかす」「血流を促す生活」などの妊活のアドバイスを素直に、
そして十分になさった方は
しばしば、すごい結果をもたらしました。


子宝を授かる近道は、あなたの生活習慣の見直しなのです

妊娠年齢は若返る
そしてそれは自分でできる
そのことをぜひ、ご理解いただきたいと思っております。
そうして、ぜひ、あなたに夢を叶えていただきたいとおもっています。

院長から

1949年5月、東京目黒区に生まれ、練馬区、西東京市で育つ。

家族:妻ひとり、娘ひとり。わたしは自分の遺伝子を継いだ子供を持ちません
なので、皆様のお気持ちが、少しわかります。

妻はスピリチュアルカウンセリングの仕事をしています。多くの未妊さんのお悩みに応えてきた妻はブログ「セロリ日記」をつづけてきました。

国家資格:鍼灸師、あん摩・マッサージ・指圧師
学会資格:不妊カウンセリング学会で「不妊カウンセラー」の認定を受ける。

経歴: 中学ではブラスバンド部。高校ではバスケット部。東京工業大学工学部を卒業。
会社勤務、ボランティア、会社経営。その後、鍼灸学校に入学。
学校のかたわら、伝説の名人岩田一郎先生のもとで修業させていただく。
18年前に花小金井で鍼灸院を開院、今に至ります。


不妊カウンセラーとは

日本不妊カウンセリング学会の認定するカウンセラーの名称です。

半年ごとにある2日間の養成講座を3回受講します。その時点で受験資格ができます。
年に1回ある試験(筆記試験、口頭試験)を経て、合格したものを学会が認定します。

その8割が不妊病院・クリニックに勤務する看護師さんです。鍼灸師も若干おります。

院長の茂原は2006年3月に認定になりました.
学会のカウンセラー名簿はこちら。

院長のご挨拶