本文へスキップ

東京小平市  不妊治療のキャリア15年   院長は不妊カウンセラーです

産後のサポート

TOP>産後のサポート

産後うつ

骨盤矯正

NPO法人 マドレボニータのご紹介

産後のサポート

出産という大事業を終えられた方々に。
産後は心がホット落ち着く一方で、身体らは全力を尽くして
疲れきっている時期です。

そのためこの
時期の身体のケアは、その後の育児にとっても重要になってきます。

産後間もなくは、赤ちゃんに振り回される時期。
2時間後きぐらいに授乳やお世話をしなければなりません。

実はこの時期が
鬱になりやすい時期なのです。
それはその忙しさを見ればうなずけます。

もともと人類は、集団で子育てを聞してきた動物。
なので、
現代人の母親は、人類歴史上ないほど大変なのです。

そのあなたをサポートするのが当鍼灸院の産後ケアです。

この時期に心に現れるのがうつとすれば、
身体にも様々な無理がかかってきています。

これらは実は
鍼灸治療のもっとも得意な分野です。

不妊のときよりもさらに効果的であると言えます。
むしろ
産後こそが鍼灸の出番といえます

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


産後うつ

現代日本のお母さんたちの子育ては大変です。
一人で授乳やおむつ替えなどの世話に追われています。

大昔の人類は集団で子育てをしたので、今よりも楽だったようです。
現代でも助けてくれる人のいる地域のお母さんの顔には笑顔が見られるようです。

私もこれまで「もうくたくたです」、とか「疲労困憊です」、という言葉を耳にしてきました。
気分の落ち込みやイライラがあるとき、「産後うつ」が疑われます。

できるだけ一人でかかを抱え込まないために、家族以外では、マドレボニータのようなNPOを利用するのも重要な選択肢の一つでしょう。

産後うつの原因
産後はホルモンバランスが変化し、心身ともに不安定な状態になっています。この点では非常に個人差が大きいようです。

産後うつはもちろん、うつ病の一種と考えられています。周囲の協力を得られずに一人で抱え込まざるを得ない方々に発症しやすいようです。

また、家事や育児も完璧にこなしたいと考えがちな方々もさらになりやすいのです。
先にも書いたように、現代の核家族の子育ては、人類史上まれなほど大変な環境なのです。できるだけ頑張らないでいきましょう。

産後うつの予防
頑張らないことです。可愛いけれど、相手はわがまま放題です。
そして、多くのお母さんにとって初めての経験です。
うまくゆくわけはないのです。
不安にもなるでしょう。こうした方々に私は『私は赤ちゃん』(松田道雄著 岩波新書)をお勧めしています。
医学書というよりも心の安定剤としてぜひお読みください。
産後はまとまった睡眠がとれません。
しかし睡眠はうつの予防にとって不可欠です。とても大切です。
工夫とパートナーの助けで、睡眠時間を確保してくださいね。

産後うつはなぜ鍼灸で治る?
東洋医学では体と心が一体であるという「心身一如」の考え方をとります。
身体のツボから病気や不調を治せるのはこのためです。
産後うつもまったく同じことです。

早い方は産後2〜3週間頃から発症します。遅い方は産後2〜4ヶ月で発症します。
治療の期間ですが、早い方は1か月くらい、長い方で3,4ヶ月ほどです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


産後の骨盤矯正

妊娠中は、身体と赤ちゃんを守るために、脂肪がついています。これがクッションの役目を果たすのです。
出産後、体重は元に戻っても、体型は体形は戻りにのが、皆さんのお悩みです。

産後の体型変化は、出産時に開いた骨盤の左右のゆがみが関係しています。

ここでは産後の体型を戻すための骨盤矯正について、開始時期や期間、効果や方法についてご案内します。

骨盤調整といっても鍼灸をいたします。
指圧やマッサージのように腰や太ももなどに触れて治すのではありません。
きちんとした東洋医学の理論に基づいた鍼灸によって戻るのです。

産後に骨盤が歪む原因
歪んだ骨盤は、個人差が大きいのですが、数か月かけて少しずつ元の状態に戻ります。
骨盤が元の位置に戻ってゆくとき、姿勢が悪いなど、左右不均衡な生活習慣があると、骨盤を元にもどすどころか、さらに歪ませる原因になります。
この時期の頭痛、肩こりや、腰痛、むくみなどの原因となります。

 

骨盤矯正を受けていただくベストな時期
骨盤がまだ柔らかくて戻りやすい産後6ヶ月までが ベストのタイミングです。

基本的には、自然分娩の方は産後1月経過後

帝王切開をされた方は、2月を経過してからが、お勧めです。

ただし、腰痛や恥骨痛がひどい方は例外です。
産後1ヶ月前でも痛みをとります。

骨盤矯正の効果と自分でできる対策

1.内臓が正常な位置におさまり、気・血・水の巡りが良くなる

2.基礎代謝が上がり、痩せやすい体になる(骨盤矯正でほぼ元に戻ります)

出産後、体重は落ちたのにウエストのサイズが戻らないと悩む方が多くおられます。これは、骨盤が元の位置に戻っていないことがひとつの原因です。

出産の前から骨盤がゆがんでいる方には、産後は矯正のベストな機会です。

ご自分でできることで、第一のお勧めは、テレビ・ラジオ体操です。
できれば朝夕にやってください。

毎日繰り返し行うことで少しずつ身体が引き締まってきます。

メールはこちらからどうぞ

アクセス

はじめての方に

よくあるご質問

お問い合わせ

お悩みの貴方へのお答え







メールはこちらからどうぞ


 
冷えのタイプと不妊対策
冷えは妊娠・出産にとって大敵です。
貴方の冷えのタイプは6つのどれ?
対策もごらんくださいね
 妊活必勝のための必須知識
妊娠年齢は周期の中で変動する
AIHとIVFの累積妊娠率は同じ
なぜ採卵前が重要なのか
自然妊娠のために
病院に通っても5組に4組は・・・
肥満はなぜ妊娠を妨げる?
病院を休む間に自然妊娠続出の理由
なぜ100年前は50倍も出産?
  東洋医学と不妊治療
子宝を授かるための生活習慣を
東洋医学の視点からご紹介しています
 不妊に効くツボ
 身体づくりの秘訣
 院長のコラム
 
   マドレボニータ
産後ケアにとりくむ
素晴らしいNPOです
出産後にぜひいらっしゃってください 



メールはこちらからどうぞ


 不妊鍼灸院の選び方
 お役立ちのリンク
 不妊カウンセラーとは
 

ラポール治療院ラポール治療院

〒187-0002
東京都小平市花小金井1−14−5武蔵野プラザ203
TEL 042-467-1780
緊急080-3431-6758