本文へスキップ

東京小平市  不妊治療歴15年  院長は不妊カウンセラーです

あなたの冷えはどのタイプ?  対策もご覧ください

 トップ>あなたの冷えはどのタイプ?

冷え症は妊娠・出産にとって、大きなマイナスです。
鍼灸、とくにお灸は冷え取りに大きな力を発揮します。
それに、ご自身の工夫、努力を重ねると、より一層赤ちゃんに近づきます!

ご自分がどのタイプにあたるのか、チェックシートで確かめてみましょう。
そして、あなたの冷えを改善しましょう。 

以下の症状の中で、該当するものを数えてみて下さい。

数が多いものは、そのタイプの傾向が強いと考えられます。 

タイプ1  熱の産生不足  3つ以上あったら対策はこちらへ

□ いつも元気がない
□ やせていて疲れやすい
□ 感情の起伏が少ない
□ 食欲がなく、胃腸が弱い
□ 運動不足の日が多い 

タイプ2 熱のムダ使い  3つ以上あったら対策はこちらへ
□ 夏は冷房に頼りっぱなし
□ 冷たい飲み物や食べ物が好き
□ 冬でも冷たいものを食べる
□ 緑茶やコーヒーをよく飲む
□ 手足の露出した薄着が好き  

タイプ3 熱を運ぶ器の不足  3つ以上あったら対策はこちらへ
□ 顔色が悪い
□ 皮膚がかさつき、爪が割れやすい 
□ 髪の毛につやがなく、薄い

□ 経血が少なく、月経の後半で痛む□ 手足の末端部がとくに冷える 

タイプ4 巡りの障害物過多  3つ以上あったら対策はこちらへ
□ 空腹でなくても食べる 
□ 摂取カロリーが過剰ぎみ 
□ 脂っこいものが好き

□ 水分(飲み物)を大量に摂る□ 寒がりと暑がりが同居する肥満 

タイプ5 熱を運ぶ器の流通悪化  3つ以上あったら対策はこちらへ

□ 傷あとが黒く残りやすい 
□ 歯茎や爪の色が紫がかっている

□ 肌がくすんでいる 
□ 手足が冷えて、手足の痛みを伴いやすい 

□ 月経の一〜二日目に生理痛が強い

タイプ6 巡りを先導する「気」の滞り  3つ以上あったら対策はこちらへ

□ 手足が冷えて、顔がほてる
□ 寝つきが悪く、夢をよく見る
□ 大声で笑うことが少ない
□ 月経前に胸が張り、周期が乱れやすい
□ イライラしやすい 

いかがでしたか?
どの項目に多くチェックが入りましたか?
次にタイプ別の対策です。 

タイプ別の対策法

タイプ1 の「熱の産生が不足する」の場合の対策

・食欲のないときは無理に食べないようにして、空腹感を大切にする。
・身体を使う機会を増やす。
・疲労時は充分に睡眠をとる。
・ワクワク気分で過ごす時間を多くする。
・感動のある生活ができるように工夫する。

タイプ2の「熱のムダ使い」だった場合の対策

・夏は冷房に頼りすぎず、自然のまま暑く過ごす。
・涼しい時期の薄着は控える。
・秋冬は襟や袖のある服を着る。
・冷たい飲食物は控える。
・夏野菜、緑茶、牛乳などの身体を冷やす性質を持つ食材を控える。


タイプ3
の「運ぶ器が少ない(貧血)」の場合の対策

・貧血を起こしている原因を解決する。
・運動量を多くして、よくお腹を空かせる。
・にんじん、ほうれん草、ひじき、ゴマなど「血」を増やす食材を摂る。
・睡眠を充分にとって、「血」を作るチャンスをつくる。

タイプ4の「巡りの障害物が多い」の場合の対策

水分や栄養の摂りすぎで、身体に余分なものが蓄えられ、熱の流れを邪魔しているタイプの冷え性。

・食べすぎ、水分の摂りすぎなど飲食物の過剰な摂取を控える。
・余分な蓄えは身体を使って消費する。
・身体を動かして汗をかく。
・口渇感のないときには、飲水しない。
・一度にがぶ飲みしない。


タイプ5
の 「熱を運ぶ器の流れが悪い」の場合の対策

・一に運動、二に運動、三
・四に明るく、五に運動。
・血の巡りをよくする食材を適量摂る。
(*)
・身体を冷やさない。
・水を無理してたくさん飲まない。
(*)血の巡りをよくする食材とは、ナス、ニラ、みょうが、あじ、いわし、秋刀魚、さば、まぐろ、海苔、すもも、コショウなどです。

タイプ6の「巡りを先導する「気」が滞る」場合の対策

・気分を軽く、頑張りは八割程度に。
・多様な価値観で、自己肯定的に評価する。
・いろいろなものに、興味を向ける。
・楽しい気分で、身体を動かす。
・一日一回は、声を出して笑う。
・自分をほめる。妊娠率80%・・・・・・。

 (以上は元東京医科歯科大学の仙頭先生の本によりました)

メールはこちらからどうぞ

アクセス

はじめての方に

よくあるご質問

お問い合わせ

お悩みの貴方へのお答え







メールはこちらからどうぞ


 
冷えのタイプと不妊対策
冷えは妊娠・出産にとって大敵です。
貴方の冷えのタイプは6つのどれ?
対策もごらんくださいね
 妊活必勝のための必須知識
妊娠年齢は周期の中で変動する
AIHとIVFの累積妊娠率は同じ
なぜ採卵前が重要なのか
自然妊娠のために
病院に通っても5組に4組は・・・
肥満はなぜ妊娠を妨げる?
病院を休む間に自然妊娠続出の理由
なぜ100年前は50倍も出産?
  東洋医学と不妊治療
子宝を授かるための生活習慣を
東洋医学の視点からご紹介しています
 不妊に効くツボ
 身体づくりの秘訣
  院長のコラム
 
   マドレボニータ
産後ケアにとりくむ
素晴らしいNPOです
出産後にぜひいらっしゃってください 



メールはこちらからどうぞ


 不妊鍼灸院の選び方
 お役立ちのリンク
 不妊カウンセラーとは





ラポール治療院
ラポール治療院

〒187-0002
東京都小平市花小金井1−14−5武蔵野プラザ203

 緊急080-3431-6758