本文へスキップ

東京小平市  キャリア15年  不妊専門の鍼灸院  院長は不妊カウンセラーです

治療成績

出産待ちの皆様のプロフィール(ご報告順)
この皆さま方は、移転後の昨年7月から10月に新規におみえになられた7名様(*)の中の5名様です。

お名前  妊娠時の年齢  妊娠までの治療回数  通院月数  経緯  声 
I.M様   39歳 9回  1か月 自然妊娠  こちら 
N.A様   39歳 2回  1か月 自然妊娠   こちら
O.J様   39歳 17回  2か月 自然妊娠    
 I.Y様  37歳 8回  1か月 自然妊娠   
O.A 様  33歳 16回  4か月 体外受精  

(*)同時期にお見えで2クール14回以上お見えの方が7名様です。というわけで、まだ未妊娠の方はあとお2人です。
(そのお一人は中断されたので不明です。しかし体外受精の成績がとてもよかったので、「あなたが妊娠できなくて、どなたが妊娠できるのですか」と太鼓判をおした方です。おそらくご出産待ちであろうと推測しています。)
推定ですが、
7名様のうち6名様がすでに妊娠なさったわけです

これまでの実績
。総妊娠者数 486名様
・出産された方の最高齢は45歳です

・最短は翌周期(顕微授精を失敗された後にご来院。直後に自然妊娠された方が3名様いらしゃいました)

I.M様の声
○ ラポールに通われて、よかったと思われたことがありましたら、お書きください。 
茂原先生とお会い出来た事で不妊に対しての暗く辛い状況から明るく前向きに取り組むというポジティブな気持ちになれました。
体の不調もですが、
心の健康を取り戻させていただきました。                                                                          ○ 通院によって体調にどのような好ましい変化がありましたか?                         
肩こりや頭痛の症状に長年悩まされていましたが、改善され薬を飲まないでも生活出来る様になり、突発性難聴での通院もなくなりました。
又体温が上昇し体の不調が少しずつなくなるのを実感できました。

                                                    ○ 印象に残る院長の対応や言葉、未妊の方へのアドバイスなどございましたら、お書き下さい。
生活する中で行ったほうが良いアドバイスを治療の際に教えて頂き実行したことが体質の改善につながり良い結果に結びつきました。
「大丈夫一緒に取り組み良い結果をだしましょう」と言われたときには涙が出る程嬉しかったです
。                                       
○ その他、何でも感想をお書き下さい。上記の行に入らない場合もここにお書きください。          
不妊専門の病院での辛い思いからどの治療に対してもトラウマがあり、どんどんネガティブになって行く自分がいました。
そんなときに病院でなく、もっと心と体に優しく子供を授かれる努力ができないのかと調べはじめた時にラポールのHPにたどりつきました。

先生のカウンセリングを受け、まず変化は前向きに明るくポジティブになれた事。
これは不妊で悩める女性にとって一番大事なことなんではないかと経験してみて思いました。

心が健康になりはじめて身体が健康になり、授かりやすい身体作りをスタートできると感じました
なかなかこういう風に思わせて頂ける先生との出会いはないと思うので私は本当に感謝しています。

無理かもしれない(という気持ち)から子供を授かる事が出来ました。
そして多くの不妊で悩める女性が一人でも多く笑顔になれる様になれればと、茂原先生のお話をさせて頂きたいと思いました。
私の友人も悩み続け茂原先生を紹介し、私と4ヶ月違いの同級生を授かる事が出来ました。
本当に有難うございます。
                                       

N.A様の声          

○ ラポールに通われて、よかったと思われたことがありましたら、お書きください。
初診はカウンセリングのみ、その後一度お灸をうけただけでしたが本当に親身に対応して下さって希望がもてたこと。
また具体的な日常生活のアドバイスも細かく教えて下さって実行でき妊娠できたと思っています。

                                       
○ 通院によって体調にどのような好ましい変化がありましたか?
食生活の改善や体を動かすこと
この2つを重点的に取り組んだ結果、まずは気持ちが前向きになったこと、そして実行することにより、よく眠れるようになったことと以前より冷えやむくみを感じにくくなりました
。                                                                              
○ 印象に残る院長の対応や言葉、未妊の方へのアドバイスなどございましたら、お書き下さい。
初診のカウンセリングが38歳目前でしたが、「年齢の事は全く気にしないでください。必ず妊娠できますから」と言い切って下さったのが心強かったです。

とにかく具体的な食生活の改善と運動(体を動かすこと)の大切さの指導が効果的でした。

パンとお酒が好きな私でしたが、食パンを全粒粉のものにしたり、お酒も週に1〜2度に変更。
甘いものも大好きでしたが、市販のお菓子をやめて、手作りのスイーツ(添加物の入っていないもの)を時々とる程度にしたり。

又、ふきそうじをすすめられ毎日平均1時間半そうじをしたり、駅まで徒歩25分のところを早歩きで20分往復40分歩いたりと、前向きに取り組みました
それらの取り組みで心身ともに健康になり妊娠へとつながったと思っています。

何故、この取組ができたのかというと、昔に比べて不妊で悩む方が多いこと、それは何故なんだろうと考えた時に先生からもお話があってように「現代社会の暮らし」が50年前、100年前と大きく変わったことが1つ大きな要因だということに私自身が納得できたからです。

食生活の欧米化、便利すぎる暮らし、ストレス社会等々昔は子供2人、3人は当たり前の時代だったのに、今は1人っ子の家庭も多い。
経済的な部分もあるけれどそうではない、妊娠しにくい身体になっていることも事実だと思いました。
それで、今回先生から初診の際に話して下さったところから母親や祖母の20代30代の暮らしを思い出したり聞いた話を参考に取り組んでみました。

妊娠を望んでいる方に少しでもこの経験が役に立てれば嬉しいです。   
                                    
                                                                              

病気・ハンディキャップを乗り越えて出産された方々の声はこちらからどうぞ

2002年〜2014年にいただいたご報告の中から、病院で問題を指摘された方々を中心に掲載しました。(だから、私のは載っていないと思わないでくださいね)
たとえば、卵管の閉塞、卵巣嚢腫、無月経、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)、乏精子症、子宮筋腫などを乗り越えて、めでたく出産に至った方々です。これから順次増やしていきます。
なお、読みやすくするために、
・出産された方々からいただいた感謝の言葉、そして、わたしからのお祝いの言葉は省略しました。
・身体づくりの具体的なことも、このHPの他の部分と重複することが多いので省略しました。
・他の方の妊娠をお祈りする言葉を残された方々の多かったのが印象的であり、感動します。これもお言葉を?マークに換えました。

 
いただいたご報告・お礼などは、私信ですが、掲載の許可をいただいています。妊娠の報告年月、仮名、年齢、妊娠までの鍼灸の回数、体外受精の回数、出産までの流産回数、不妊の主な症状(年齢は出産に至った方々の妊娠時のもので、妊娠報告と出産報告を合成してあります

・治療回数が多目なのは、症状の重い方が多いためです。平均はもう少し早いです

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)

2013年12月 理恵さん 35歳 68回 体外受精4回目 流産4回 PCO
 茂原先生には、いつも慰められました。先生の明るく前向きなお話を聞いて、ラポールから帰るたびに暗い不妊生活に光明が灯るような気がしました。
 流産のときにも、「このつぎは高い確率で出産にいたりますよ」と専門書を開いて説明してくださいました。ほんとうは諦めかけていたのです。
 流産を繰り返していた私が母親になれるなんて奇跡のような気がします。生命の神秘を感じています。?
 お産
が軽かったのも安産灸のお陰だと思います。ポールに通っている皆さんも私のように授かりますように。
院長から
 言葉ではなく、事実を科学的にお話して、気持ちを楽にしていただく、というのがわたしの姿勢です。流産経験者の出産率は非常に高いのです(未経験者の倍以上)。そのことによって、習慣流産は「不育症」などという「病気」や「病状」などではなく、出産の一歩手前、寸前にあるのだと、皆さんに教えていただいたのです。
 出産翌日に、病院から報告をいただいて、理恵さんの涙声を耳にしたときには、感激しました。苦労が大きかったので、喜びも大きかったのですね。

2013.8 紀子さん 42歳 62回 体外受精4回で 流産2回 PCO
  (多嚢胞卵巣症候群という)ハンディキャップを乗り越えて出産できたことが夢のようです。
 諦めかけていたのですが、(PCOを乗り越えて、子宝を授かる方々が多いことを)知ってとても元気がわいてきました。それがいちばん印象的でした。先生に、妊娠年齢は若返るということ、「まだ間に合う可能性は高いですよ」と励まされたことがどれほど力になったでしょうか。
 針は苦手だったのでお灸にして頂きましたが、それも私には合っていたと思います。
?
院長から
統計的には、可能性が低い年齢でしたが、紀子さんはFS H が一桁であること、来院される半年前に妊娠されていることで、多嚢胞卵巣症候群ではありましたが、妊娠の可能性は高いと思っていました。しかし2年もかかったのは、予想外でした。病院の中断をへて、よくここまで到達されました。身体づくりの努力の賜物だと思います。


2006年5月 美穂さん 36歳 64回 流産3回 体外受精3回目 PCO
 これまでの鍼灸院の先生はとても良い先生でしたが、不妊の知識がなくて、話が通じなかったので心細かったです。(ラポール治療院では)先生が治療の内容を理解して頂いたのでとても心強かったです。
 治療はとてもゆったりとして、気持ちが良かったのが印象的です。これから通えないと思うと、変な言いかたですが残念な気がします。先生が開いて下さったヨガ教室も効果があったのだと思います。
またお目にかかれる日を楽しみにしております!

院長から
 「通院できなくなって寂しい」とおっしゃっていただける方が少なくないことは驚きとともにとても嬉しかったです。そしてありがたいことです。半分は、いや、ほとんどは社交辞令だと思いますが(笑)
 ヨガ教室も1年ほどだったですね。また始めようかな〜〜。

卵管が詰まっている

2014.5 祐子さん 34歳 40回 自然妊娠 ICSI3回 流産2回 卵管の詰まり
 顕微鏡受精を何度も失敗したあげくに、わらをもつかむ気持ちでなんでもやりました。その私が病院に行かなくても妊娠できたのは夢のようです。
「妊娠年齢は若返る」とお聞きしてから、気持ちがとても前向きになりました。
 流産で落ち込んでいた時にも、じっくり話しを聞いて下さいました。後ろ向きだった気持ちが前向きになるようにして下さいました。不妊クリニックではなかなか聞きにくい質問にも答えていただいて、安心して治療を受けることができました

院長から
 祐子さんは卵管が詰まり気味でしたし、3回もの流産をのりこえて無事、出産されました。卵管が詰まっていると診断されても、自然に妊娠できる方は少なくありません。症状が重かった方ほど、印象に残ります。裕子さんがお母さんになられてほんとうに良かったです。

2002年7月 佐智子さん 40歳 74回 自然妊娠 それまで体外受精3回 流産3回 PCO 卵管が詰まり気味
 
何と自然妊娠できました。
 両方の卵管も詰まりぎみだったので、体外受精を繰り返していたのですが、なかなか結果がでなかったので、自然に授かるなんて夢のようです。
 気が付いてみると、それまでの疲れやすさや、風邪をひきやすい体質がすっかり治っていました。赤ちゃんもそれを待ってから来てくれたのではないかと夫と話しています
。?
院長から
 
幸子さんは冷え症と腰痛がひどかったので、まずそれを治してから本格的に不妊治療を始めようと思って通われました。まだ妊治療の症例が多くはなかった私が、佐智子さんから学んだことがあります。不妊は他の多くの症状(例えば冷えや腰痛)と密接に関係していることでした。こうした症状が取れると、赤ちゃんも来てくれる確率が高くなる。
 自然妊娠だったことで、卵管が通ったことの証明になりますね。この経験も初めてだったので驚きだったことを覚えています。今は慣れましたが。

子宮内膜症

2012年4月 亜希代さん36歳 51回。人工受精。流産2回 子宮内膜症
 娘が来てくれたのも、鍼灸で体質が改善できたおかげだと思います。
 苦しい時にも適切なアドバイスを下さり、励まして頂きました。ラポールの1年余りは癒しの時間だったと思います。
 毎回熟睡していましたね(笑い)。これからは、あの気持ちよさが味わえないかと思うと、残念な気持ちです。
 授かった娘を、これから大切に育てていきたいと思います。
?
院長から
亜希代さんは、お仕事の帰りに遠回りして通われました。旅行好きで、お二人でよく旅行に行かれたことも、プラスに働いたはずです。お手本にしたいくらい、よく歩かれました。

20094月 洋子さん 35歳 42回 人工受精5回目 甲状腺機能亢進症、子宮内膜症
 先生の心の面でサポートに感謝します。また、悩みを聞いてくださいね!
 それから明美ちゃん(似た治療経過や年齢の同じ方)を紹介して頂き、とても感謝しています。
私が授かったのに彼女はまだです。でも、今でも時々会っています。一生の友達です。先生、本当にありがとうございます。
 明美ちゃんと通っている皆さんにも、赤ちゃんが来てくれますように

院長から この頃は「仲人」に熱心な時期でした。不妊はとかく一人になりがちです。同じ学令で病院の治療経験が同じくらいの方々をラポールでご紹介していました。一人だけが授かった方々が多くいらっしゃって、複雑な心境です。それが、今は中止している理由のひとつです。(もし、これをお読みになった方で、紹介をお望みのかたは、どなたかをお引合せいたします。御希望のメールをどうぞ。)
<![endif]>

2005年2月 朱美さん 40歳 93回 体外受精3回 初妊娠で出産 子宮内膜症
 治療して帰る時、寒い冬の風に当たっても、体がポカポカと温かくて、とても気持がよかったことを覚えています。
通うたびに、体がだんだんと良くなっていくような気がしました。
 心の底から欲しいのに、何度も失敗するのは辛いことでした。その度に、先生は話を熱心に聴いてくださいました。治療の気持良さも、治療の辛さを和らげてくれました。
あの治療が懐かしい、なんて今だから言えるのですね。?
 
院長から
 朱美さんは初回から眠っておられたのが印象的でした。緊張感が少ない方は妊娠率が高いのです。より治療効果が高いからでしょう。
 子宮内膜症があったために平均よりもかなり時間がかかりましたが、根気強く通ってくださいましたね。ご苦労が実って嬉しいです。

無月経
2008年3月 優子さん 33歳 45回 自然妊娠 無月経(カウフマン療法)
 先生〜〜、授かりました! 
 先生、無事に出産できました!(この2行の間に約10か月あり) 
 先生は多くの患者さんを相手にしていらっしゃるのに、温かく、丁寧に対応してくださって、本当にありがとうございます。
 先生もお体を大切に
。?
院長から
 この頃は、目のまわるような混み具合でした。お一人、おひとりにじっくり対応できなかった悔いが、今も残ります。優子さんの月経がもどり始めたのは半年、完全に元にもどるまでには1年かかりました。
した。よく根気を失わずに通われました。そのご褒美だと思います。

2004年6月 純子さん 32歳 90回 PCO 体外受精3回 流産4回 無月経(カウフマン療法) 
 わたしは重症なので、とても暗い気持ちでした。ラポールさんには全国から来ているのだと聞いてきました。
「体作りによって妊娠年齢は若くなる、卵巣の能力も高くなる」と知って元気が湧いてきたことを思い出します。あの時は暗いトンネルの中を歩いているような気持でしたから、先生の言葉にどんなにか救われたことでしょう。
 急に明るい世界に出たような気持になりました

院長から
 5年もの無月経が回復されるのに、1年かかりました。片道1時間半を、よくぞ通われました。その間少しずつ改善があったとはいえ、わたしなら続かなかったでしょう(笑)
 3年間のご苦労が実ったのですね。どうぞ、お幸せに。(あのころは東京はもちろん、全国でも不妊専門の鍼灸院がほとんどなかったので、北は宮城県から、南は鳥取県までお見えになりました。


卵巣嚢腫
2010年4月 紀代子さん 38歳 86回 体外受精6回目 卵巣嚢腫
 先生のお話で、自分の体や心について関心が向くようになりました。それまでは、気にも留めなかったことです。
 それまでは、車の生活がほとんどで、歩く習慣のなかった私が、歩くようになったことも一生の宝と思っています。ママ友もたくさん歩いたと言っていました。
妊娠の後も受け続けていた安産のお灸が効いたせいでしょうか。「高齢」にもかかわらず、出産は3時間でしたよ。?

院長から
 卵巣嚢腫は紀代子さんのように3センチ以下の場合ですと、過半数の方が消えます。血流が良くなって、マクロファージが取り去ってくれるからでしょう。1年くらいはかかります。歩く習慣ができたことは幸いです。ご来院のころは、ほとんど歩かない方でしたからね。プレッシャーにならないようにカルテに「ウォーキングを催促しない」とありました。
 
2007年10月 真弓さん 37歳 34回  人工受精 流産3回 卵巣嚢腫
 初診のカウンセリングを終えたとき、とても気持が楽になっていました。未来が明るくなったからです。流産の手術のあとで、夜遅くまで話を聞いていただきました。
 治療もとても気持がよかったです。息子が授かったのは嬉しいことですが、先生と会えないのかと思うとちょっと寂しいです。
?
院長から 
 不妊カウンセラーになりたての頃で、とにかく傾聴とお気持ちを軽くしてさしあげることに力を注いでいた頃です。遠くから片道2時間かけて、よく通われましたね。それが報われてとても嬉しいです。真弓さんの
嚢腫は5センチくらいもあったので、ほとんど小さくはなりませんでした。

2002年6月 陽子さん 32歳 39回 体外受精1回で妊娠 流産1回 卵巣嚢腫
 
不妊治療で何をしたら授かるのかが全く分からない状態でラポールさんに行きました。
 身体づくりなんて考えてもみなかったので驚くやら、嬉しいやらでした。
 自分でできる対策があることを知ったことで、不妊生活に出口を見つけた思いでした。毎日がとても明るくなりました。
 体の感覚に関心を持つようになったことも、針灸治療を受けた私の不妊人生の収穫の一つでした。ラポールさんに通えたからこそ、娘を授ったのだと思っています。大切に育てます。
?
院長から
 初めは暗かった顔が、お帰りになるころには明るくなってきた初診時のことをはっきり覚えています。陽子さんほど変化のあった方はないからです。
 陽子さんで思い出すのは、それまで会うのが辛かったという身内の赤ちゃんが、可愛く見え始めたことでした。それからまもなく授かったのですから。
 その後、おなじようなことが続きました。陽子さんには不妊って、気持ちの問題もとても大きいのだと教えていただきました。


2002年1月 由美さん 37歳 48回 体外受精4回目でおめでた 流産2回 高プロラクチン血症 卵巣嚢腫
 初診のときに不妊の根本の原因や、どうしたら良くなるかという理由を根拠を示しながら話して下さいました。だから初診から先生に信頼感が持てました。私も理科系だったからでしょうか。
 お話を熱心に聞いてくださいました。どんなにか救いになったことでしょう。
 治療では毎回爆睡していましたね。自分のいびきで目を覚ましたこともあります。お隣りの方に悪かったと思っています。
 先生はいつも丁寧に愚痴や悩みを聞いて下さいました。なにかの時には、また遊びに行かせてくださいね
。?
院長から
 今は部屋を独占状態ですので、思う存分いびきをかけますよ(笑)。じつはほとんどいびきなのかいていないのですが。
 いつでもどうぞ。健康面のご相談ならメールでもどうぞ!(由美さんは、3年後にお二人目を自然妊娠された。)

高プロラクチン血症

2014.1 紹子さん 34歳 38回。体外受精。高プロラクチン血症)
 先生には色々なことをアドバイスしていただきました。つらい気持ちでいるときも、心が軽くなるようなお話もありがとうございました。
 知識が豊富で、とても信頼できると感じられました。歩くことの気持ち良さがわかるようになったので、2人目のためにも、家の中で運動しようと思います。もし、不妊になってラポールさんに通わなかったら、一生歩く楽しさを知らなかったでしょう。
 安産灸でもお世話になりました。お陰様で出産まで通ったことで、お産がとても軽かったです

院長から
 紹子さんは高プロラクチンロラクチン血症でしたが、1年ほどで改善されました。身体全体が整ったので、その一部として、ホルモン値も改善したのでしょう。カルテには、初診時に生理痛がひどくて、薬が手放せないとありました。ご来院のよく周期から少しずつ改善し、1年後には無痛になりました。

2013.10 加代さん 42歳 72回 体外授精3回 流産3回 高プロラクチン血症
 初診の時、先生から「卵子は若返ります。体と心を作れば、半年後のあなたは、今よりも妊娠しやすくなります」と聞いたときには驚きました。帰り道でとても気持ちが明るくなりました。
 流産の連続で、自分の体に自信がなくなっていたときも、たとえ3回連続でもその次には 7割が出産に至る(注)ということを先生から教えていただきたいて、とても気が軽くなりました。大事なことなのに、知られていないことが多いのですね。
 ほとんど歩くことをしなかった私でしたが、先生の辛抱強いアドバイスでだんだん歩くようになってきました。ハワイアンのBGMが静かに流れていてアロマもとても気持ちをリラックスしてくれました。
(注)厚生労働省のHPにあります

院長から
 加代さんははじめの1年間、あまり歩かれませんでした。運動を勧めると、気が重そうだったので、カルテには「歩くことを強制しない」と記入しました。1年経って、運動や歩くようになった時には、拍手したことを覚えています。それからは凄かった! 4時間あるいても、疲れないそうで、その変化には驚嘆しました。

2004年1月 絵美さん 40歳 60回 体外授精2回目 流産2回 高プロラクチン血症 
 私の実家が四国のためであるお灸に親しんでいたからでしょうか。流産したとき、ぜひ、お灸をと思いました。
 祖父や祖母が気持ちをさそうにお灸をするのを見て育ったからでしょう。
 でも、実際に受けて見てお灸というものが、こんなに体が温まって気持の良いものとは知りませんでした

院長から
 お産が年齢の割に軽かったのは、お灸の効果に加えて、運動されたことも大きく貢献したと思います。
 ところで、四国ではお灸のことを「やいと」と言っています。
 弘法大師が病人の救済の目的もあって広めて歩いたのですが、その伝統が今に生きているのは素晴らしいことです。
 庶民にお灸が効いた証しでしょうか。
 絵美さんは年齢が高かったためと高プロラクチン血症だったために、授かるまでに時間がかかりました。

2003年9月 29歳 真利子さん 28回 人工受精 体外受精5 高プロラクチン血症 
 ラポール治療院は友人がネットで調べてくれました。5回も体外受精を受けて不調だったので、鍼灸に期待していました。
 予定ではすぐ体外受精のつもりでしたが、先生のアドバイスで体をつくってから受け直そうと思っていました。その矢先の自然妊娠でした。夢のようです。これまで受けた体外受精は何だったのかと、夫と話しています。
院長から
「これまで受けた体外受精は何だったのか」という感想は、体外受精を休んでいる間に自然に妊娠された方々から、異口同音でふつうに耳にする台詞です。
 なぜなのだろうか? この謎が解けるまで3年もかかりました。私はこう考えています。卵巣の力(おもに血流)がある方のみが、病院の力を活かせるのです。逆にいえば、力がないと何度受けても授からないというわけです。(病院に通っても、5組に1組しか授からないという事実が、そのことを悲しいけれど、証明していますね。)


子宮筋腫

2014.6 千香さん 32歳 28回 自然妊娠 体外受精1回 流産1回 子宮筋腫 
 治療は、とても心地良くていつも眠っていました。なので、毎週通うのが楽しみになっていました。
 
口コミで遠くから通う患者さんも多いと友人から聞いていたので、歩いていけるところにラポールさんがあったことは、幸いでした。
 タイミングでは排卵日しかチャンスがないと思っていました。だから、妊娠できる期間は2、3日もあると知ってから気持が楽になりました。それまでは排卵日がストレスでした。せっかくのチャンスが喧嘩や飲み会でつぶれてしまったとがっかりしていましたから。
 生理痛がまったくなくなったので、これから鎮痛剤を飲まなくてもよくなったことが嬉しいです。冬にはいつもかかっていた風邪もひかなくなりました。ほんとうに針きゅうの効果には驚きました。
院長から
 千香さんの筋腫は、漿膜下(子宮の外)だったので、5センチでしたが、妊娠には差し支えありませんでした。千香さんで印象的だったのは、初回から眠っておられたこと。このリラックス感が妊娠を早めたと思います。「歩いていけるところ」とありますが、片道1時間半です。なかなかできないことです。出産も3時間と安産だったのも、運動の賜物でしょう。

2013.3 貴美子さん 32歳 18回 病院を休んで半年目の自然妊娠 流産1回 子宮筋腫(子宮腺筋症)
 先生の説明を受けるまで、排卵日には神経質だったです。1,2日しかチャンスがないと思っていたので排卵日がストレスでした。初診の時に、妊娠できる可能性は何日もあると、専門書で説明していただいた時から、急に気持が楽になりました。いつもゆっくりと話を聞いてくださいました。治療も気持ちが良くて、心身ともに癒されましたので毎回の通院が楽しみでした。
院長から
 軽いけれど、子宮腺筋症だったので、正直のところこんなに早くに、しかも自然妊娠されるとは思っていませんでした。それだけに妊娠の報告をいただいたことを、驚きとともに、とても嬉しかったことを覚えています。病院の治療を休むと決めたことで気持ちが楽になった。それが身体の状態を急激に改善させたのだと、わたしは推測しています。

乏精子症
2012、1 百合子さん 38歳 40回 体外受精1回 人工授精にステップダウン・1回目でおめでた 乏精子症
 通院し始めた頃は、病院で体外受精も予定していました。治療のお陰で夫の精子数が3倍になり、人工受精を受けることができました。鍼灸って素晴らしいです。
 治療はいつも気持が良かったです。数回の治療で体調が非常に良くなったことで2年ぶりに病院に行ったときに、ホルモン値が改善していたので驚きました。鍼灸に対する信頼感が増しました。その気持ちが妊娠出産という結果へ結び付いたのだと思います。?
院長から
「男性不妊が鍼灸で治って、ほんとうに良かったです」とお二人でご挨拶にみえたときの、百合子さんの言葉が印象的でした。精子の数が増えたので、体外受精ではなく、負担の少ない人工授精で妊娠・出産できたことは、わたしの喜びでした。治療家になってよかったと思える瞬間です。こちらこそありがとうございました。

2006年8月 久美子さん 39歳 53回 体外受精4回 流産3回 ご主人が乏精子症
 
京都のお産塾のHPに、東京でラポール治療院が推薦されていたので迷わずきました。
 流産の掻爬手術のあとで、先生は夜中までお話を聞いてくださいました。
 体が気持ち良くなる治療を受けて、娘が授かるなんて夢のようです。?

院長から
 不妊専門の鍼灸院は、いま都心に若手の先生が多く開業しているのですが、10年前にはほとんどなかったですね。
 当院が有名だったのは、「お産塾」(京都)のことぶき先生のHPでご紹介いただいたお陰です。東京でラポール治療院だけでしたから。
 この頃は、乏精子症にたいする自信が十分でなかったので、ご主人のお手伝いができず、残念でした。(今はほとんどの男性に有効です。成功報酬制も取り入れております)。

とくに症状は見つからなかった方
2014.10 明子さん 29歳 18回。タイミング法による妊娠。
 一番印象に残ったのは、自分でも授かる方法があるのだと教えていただいたことです。それから大丈夫授かりますよと、何度も言っていただいたことです。
 「身体づくり」を頑張ることができたのもそのためだと思います。
息子を授かった以外に、いつも苦しんでいた頭痛や生理痛がとても楽になったことが嬉しいです。2時間でするりと産まれました。?
院長から
 明子さんはお若いのに、ご本人は「もうすぐ大台だから」と焦っておられました。それが運動やウォーキングの原動力になったのでしょうか。ご来院までの1年間、毎日2時間も歩いておられたことで、妊娠は間もないと思いました。身体の「巡り」が改善したことが、超安産のおおきな理由でしょう

。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。
安心の医療を目指しています。ここに紹介文が入ります。


はじめての方に

診療のご案内


ラポール治療院ラポール治療院

〒187-0002
東京都小平市花小金井1−14−5武蔵野プラザ203
TEL 042-467-1780
FAX 緊急080-3431-6758