本文へスキップ

東京小平市  キャリア15年  不妊専門の鍼灸院  院長は不妊カウンセラーです

203

院長日記

top>院長日記

2016.4月開始の日記      ・2008.3.9~2008.6.10のコラムはこちら

なぜ奇跡が・・・・・・ 

2016.4.7

ラポール治療院は昨年夏に移転しました。

いまこの鍼灸院で奇跡的なことが起きています。

ほとんどの方々が4カ月以内に妊娠されていかれるのです。
詳しくはこちらをごらんください。

同業の鍼灸師さんが聞きいても
ついに信じないかもしれません。

わたしだってほかの鍼灸院が、こういうことを書いたとしたら
嘘だと思います。

それなのに現実なのです

そうなった理由をわたしなりに考えてみました。



「奇跡」の主な理由と考えられること

2016.4.8

1 以前は、100%の妊娠率は無理と頭の隅では考えていました
今、何歳であろうと、病院でどのような診断がなされていようと、
それを乗り越えようとする気力があります。
本気で100%を目指しています
これがすべての根本にあるような気がします

これが以前との大きな違いです。

2 以前はどのツボにも同じ太さの針を使っていました
今は、腰の「赤ちゃんツボ」と言われているツボへの鍼の
太さと深さを変えました。

3 3カ月間集中して治療においでになられたら、つぎの1か月は休むような方針に変更しました
これによって、
リズムとメリハリがつくようになりました。

4 治療を集中をお勧めするようになりました
 採卵前の2週間と、排卵前後に
治療を集中するようにお勧めするようになりました。

 これ以外にも、小さな理由(もしかしたら大きな理由? があります。それは明日に。


「奇跡」のほかの理由

2016.4.9

この治療室は「気」がいいようなのです。

以前にここを借りてフットケアをされていたお知り合いが、
ここで営業されていて数年で新宿に進出されたのです。彼女のお店はこちら
その彼女いわく。

「あそこは気がいいでしょう」
実際私もそう思のです。
以前は仕事として治療室に行っていましたがいまはちがいます。

大きな神社にお参りしたときのような爽やかあるのです。
だからなんとなく楽しいのです。(ウキウキさえします。)
去年参拝した伊勢神宮のようなスッキリした空気の中にいる気持ちよさがあるのです。

その中で鍼灸治療をしているから、実力以上の力が出るのでしょう。

妊娠率100パーセントめざすという、とんでもない発想が浮かんだのも
こうした力によるもののような気がしています。

いま、
いらっしゃっている方々全員の妊娠と出産を心から信じながら。


なぜ体外受精で失敗を続けている未妊さんに、当選確実(出産確実)を出せたのでしょうか(2016.5.1)

選挙では開票が始まってすぐに当選確実がでます。不妊でお見えになった方々に対しても、私はしばしば当選確実を出します。

Aさん(35歳)は、2回連続で体外受精を失敗していらっしゃいます。
そのうえいろいろな問題もあって、ご本人はもう出産できないのではではないか、
と非常に落ち込んで当鍼灸院へいらっしゃいました。
ご本人の言葉では、「断崖まで追い詰められたような気持」とおっしゃっていました。

しかしお目にかかってから3回目に、
1年後〜1年半後の出産に「当選確実」をだしたのです。

脈診や腹診については文字化しにくいのですが、67項目の問診票の数値、改善のスピード、ご本人の熱意、それまでの生活習慣などを考慮した結果です。

今は妊娠力が不足していても、妊娠という山の頂上のすぐ下にいるということがわかるからです。

(15年のキャリアで、多くの患者さんに教えていただいたことも判断の重要な一つになっています。)


神社にて(2016.5.16)

今週も、いつものように神社にお参りに来た。
治療が終わってからなので、夜、8時をすぎていた。
昼は暑いが、夜の神社は雨上がりのしっとりした空気が心地よかった。

お賽銭を投げ、三拝して鈴をジャラジャラと鳴らす。
手を合わせながら、ご来院の皆さんのお顔を思い浮かべる。
まだ妊娠されていない方のお顔に、早いおめでたを祈る。
妊娠中の方々には、安産を祈る。今は中断していても、ながくご来院された方々の分も、お願いする。

帰り道の参道で、若いカップルとすれ違った。
すこし離れてから「こんな夜に来る人もいるのね」という声を背中で聞いた。

この二人は何をお願いに来たのだろう。
結婚できるようお願に来たのだろうか。
家族に手術でも控えていて、その祈願だろうか。
もしかして、子宝をお願いに来たのかもしれない。
それなら、この二人にも赤ちゃんが来てくれればいいなと心に思いながら、参道をあとにした


嬉しさも「中くらいなり」(2016.5.24)

いま、当院では、一定の条件を満たした方に限定すれば、
そして瞬間的にだけれど、妊娠率100%になっている。
はじめた15年前には50%くらいだったから、自分でも信じられない。
HPにも書いたが、嘘だと思われるに違いないと、日記ではない「成績」のところに書いた。
 

限定とは、定期的に通院されている方で、42歳以上、BMIが28以上、通院が2クール・14回以下の方々を含まないという意味。
逆に対象とする方々は、現在定期的に15回以上通われていて、高齢でなく、肥満でもない方が、全員おめでたになられたという意味です。
 

そこで想うのは、これまで必死の思いで通われながら、夢が叶わなかった方々のお顔。
ああ、もし、あのAさんが、いまお見えなら夢がかなったかもしれない。
Bさんは今頃、幼稚園の送り迎えをしておられたかもしれない。
Cさんは、小学校の入学式に桜の舞い散る下を歩かれていたかもしれない。
Dさんは中学生の娘さんと仲良く買い物をしておられたかもしれない。
 

100%になった嬉しさも「中くらいなり」だ。多くの方々に申し訳なさでいっぱいになる。
ああ、この治療法を、このお灸の仕方を、あのときにやっていれば、と苦い後悔がよぎる。

「当選確実」が「当選」(妊娠)へ(2016.6.20)

5月1日の院長日記で、体外受精が不振だったIさんに、妊娠の「当確」を出したという内容を書きました。
そのIさんが先日、心拍が確認できたのです。
(ご報告は3週間前)
ほんとうに「当選」されたのです。

確信していたとはいえ、早くても半年はかかるだろうと思っていました。
なので9回とは正直、予想外に早かった。
こう書くと、初診で「わたしは当確を言われなかった、だめなのかしら」と思う方があるはずです。
しかしそう思わないでくださいね。

42歳以上、BMIが28以下の方に限定すれば、
3
月以内に9割以上の確率で授かるはずだからです。 

ご縁のあった方々は、たとえ高齢でも、超肥満であっても、全員が100%の妊娠率を目指しています。
その点は、忘れないでくださいね。


メールはこちらからどうぞ

アクセス

はじめての方に

よくあるご質問

お問い合わせ

お悩みの貴方へのお答え







メールはこちらからどうぞ


 
冷えのタイプと不妊対策
冷えは妊娠・出産にとって大敵です。
貴方の冷えのタイプは6つのどれ?
対策もごらんくださいね
 妊活必勝のための必須知識
妊娠年齢は周期の中で変動する
AIHとIVFの累積妊娠率は同じ
なぜ採卵前が重要なのか
自然妊娠のために
病院に通っても5組に4組は・・・
肥満はなぜ妊娠を妨げる?
病院を休む間に自然妊娠続出の理由
なぜ100年前は50倍も出産?
  東洋医学と不妊治療
子宝を授かるための生活習慣を
東洋医学の視点からご紹介しています
 不妊に効くツボ
 身体づくりの秘訣
  院長のコラム
 
   マドレボニータ
産後ケアにとりくむ
素晴らしいNPOです
出産後にぜひいらっしゃってください 



メールはこちらからどうぞ


 不妊鍼灸院の選び方
 お役立ちのリンク
 不妊カウンセラーとは

ラポール治療院ラポール治療院

〒187-0002
東京都小平市花小金井1−14−5武蔵野プラザ203
TEL 042-467-1780
FAX 緊急080-3431-6758