中村彩子様

以下は、3人にお送りした文と同じものです。
メールで送れないので、HPを使いました。

彩子さんに、早く、重荷を下ろしていただきたいと思ったからです。

~~~~~~~~~~

「サクラ」のお願いの撤回と反省 

わたしは、一部の皆様に、電子出版本の「カスタマーレビュー」で、いわば「サクラ」をお願いいたしました。

急ぐあまりの焦りのゆえでした。 
いちばんお願いしてはいけない皆様にお願いしてしまいました。
ここにお願いを撤回いたします。
 
いつかお話ししますが、動機がたとえ純粋であっても、押しつけです。
自主的ではなかったことを、反省しております。
あなたが断ったとしても、心証を悪くしない道を十分にお示しすることなく、熟慮もせずに、押しつけになっていたと思います。
 
最初にお願いした方に「サクラは必要ですよ」と好意的におっしゃっていただき、積極的に書いていただいたことで、気が緩みました。
それから一部の皆様にお願いをしはじめ、そのまま、最近まで来てしまいました。
いま、われに返って。反省しています。

そこで。
コピペも含めて「カスタマーレビュー」をお願いしたことは、どうかお忘れになってください。
(お書きくださった方には、1冊あたり10分の指圧はそのままです。)
 
とはいえ、書くことは、深く読むことです。
わたしの催促なしに、今後、レビューをお書きくださる方々には、
本代と1冊あたり10分の指圧のお礼は継続しますので、ご一報くださいませ。
 
以下は、遅ればせながら、焦りの原因となったわたしの目標を書きます。ちょっとお付き合いください。
 
使命?

わたしは、数年前、アクセルとブレーキを踏み間違えて、ガソリンスタンドから新青梅街道に飛び出しました。
歩道の人を轢き殺さず、自分も無傷だったことは、奇跡だと思っています。とくに最近の事故の報道を見て、その感を深くしています。
それ以前にも、あと1メートル、あと1秒前か後だったら命がないところをくぐってきました。
30年前には、パラグライダーで岩の直近に墜落したし、山や車でもなんどか死にかけました。
重傷を負ったものの、死なずに今ここにこうしていられるのは奇跡としか思えないのです。それがとても不思議なのです。
なぜだろう……。
 
結論だけ言えば、天がわたしを助けてくれたからだ、としか思えないのです。
 
なぜ、助けてくれたのか? 
わたしに世の中の未妊さんを救えという役割を命じたからだと感じます。
わたしにしかできない(おこがましい書き方ですが、理由は省略します)その使命とは、

いろいろな事情で、体外受精を受けられないで子宝をあきらめた方。自力でできることを知らずに、病院でだめであきらめた方。そうした方々の夢を叶えることです。

その前提には、
<子宝を授かるには身体づくりが大事である。妊孕力は自分の力でつけられるが、病院ではつけられない。>
という真実を納得してもらう必要があります。

それがあってこそ、実践してもらえるし、その先に夢が叶うのです。
この困難な業を、わたしは天から命じられている、そんな感じがしています。
将来の展望はありますが、いまは省略いたします。
 
これまでの、圧迫感をお詫びいたします。
また、ご協力くださったことに、感謝いたします。
ありがとうございました。

これから、ラポールに通院の方を最優先に、頑張ります。
(そのつぎが、これまでご縁のあった方々。その先に、全国の不妊に悩む人々があります。)

~~~~~~